産業廃棄物処理
産業廃棄物の収集運搬及び中間処理のコンサルティング
廃棄物処理法には、『事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任で適正に処理する』という基本的原則があります。特に、産業廃棄物は量の多少に関わらず、排出事業者が責任を持って保管や運搬、処分をしなければなりません。また外部の業者に委託する場合は、委託基準を守る必要があります。 もし委託基準を守らなかった場合、罰金等の刑罰や行政処分が科せられます。
当社は経験豊富な営業マンにより排出事業者の廃棄物に対する不安を解消いたします。
 
 
産業廃棄物中間処理

処理施設
 
中間処理(焼却)
処理能力/ 84t/日(1.75t/h×24h×2炉)
許可品目/  
 ※産業廃棄物
   汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、
   廃プラスチック類、紙くず、木くず、
   ゴムくず、金属くず、ガラスくず、
   コンクリートくず及び陶磁器くず、
   動植物性残渣、動物系固形不要物
   繊維くず
 ※特別管理産業廃棄物
   感染性産業廃棄物、
   感染性一般廃棄物(特例)
 
処理施設フローシート
 
産業廃棄物収集運搬
【収集エリア】
千葉県・東京都・茨城県・埼玉県・神奈川県・福島県・群馬県・千葉市・船橋市・柏市・さいたま市・川越市・横浜市・川崎市・横須賀市・相模原市・いわき市
 
運搬業許可一覧
 
感染性産業廃棄物推奨容器
20Lプラスチック容器   45Lプラスチック容器   50Lプラスチック容器    
20Lプラスチック容器   45Lプラスチック容器   50Lプラスチック容器    
 
7Lプラスチック容器   1Lプラスチック容器   49Lダンボール容器   82Lダンボール容器
7Lプラスチック容器   1Lプラスチック容器   49Lダンボール容器   82Lダンボール容器
 
その他医療関係機関の現場に応じた容器を取り揃えておりますのでご相談ください。
 
▲戻る
メールでのお問い合わせ
ナリコークリーンセンター
案内図
メールでのお問い合わせ